飲み会を断れば時間とお金が節約できます!断るコツを大公開

社会人となれば避けて通れないのは会社の飲み会ですが、それが嫌だと感じている人も多いのではないでしょうか。
しかも飲み会は1回につき、平均3,000~4,000円の費用がかかってしまいます。しかも、その出費は飲まない人にとっては、とても痛く感じてしまうのもそれまた事実なのです。また、歓送迎会や忘年会などの公式な飲み会ともなれば、その会場が上質な店でやることも多いので、1回につき5,000円以上かかってしまうことも珍しくはありません。

そしてその時によっては、帰りが遅くなってしまうこともあり、終電を逃してしまうこともあります。それ以外にも、ついつい飲み過ぎが原因で具合が悪くなってしまい、次の日が丸一日潰れてしまいかねません。
それは、時間とお金を当時に浪費してしまうほど影響力があるのです。

仕事をしていると、それを終えてからはのんびりと自宅で過ごしたい人もきっと多いはず。そういう風に気分があまり乗り気になれない時は、例え誘われた相手が親しい友人であっても参加したくない時があります。
そこで、上手に飲み会を断るコツを紹介します。その時にぜひとも注意する点は、言葉の言い回しです。それが、ちよっと違っているだけでも、相手に与える印象が大分変わってしまいます。

ですので、断る時はさりげなく「先約があるので」と言えば良いのです。その中には、断る理由を尋ねてくる人もいますので、断るフレーズをいくつか準備しておくとバレるリスクは減らせます。
例えば、女性であれば生理を理由に断れますので、相手からもそれが知らてしまう余地はありません。具体的には、あまり気分が乗らない状態で女子会に誘われた時に使えるフレーズです。
その他に断る理由として効果的なのは、単にお小遣いがピンチと言うのも現実的であるため、それが例え嘘であってもバレる余地はありません。

お金の掛かる飲み会は断るだけでも、たったの1か月間で1~2万円節約できるので、その効果は大きいです。もし、それが忘新年会シーズンであればもっと多くの時間とお金を節約することができます。
しかしながら、飲み会を断る回数があまりにも多いと「あの人付き合い悪いな」と相手に与えてしまいかねませんので、相手の厳選が必要になってきますね。
飲み会に誘われた時は、その相手がどうしても断れない間柄であれば参加するようにし、メンバーが今一つであれば理由をつけて断れば良いのです。

そしてぽっかりと空いた時間を、副業などに有効活用するのです。そんな筆者も、副業で給料以外に収入が入ってくるようになった途端に、時間の大切さについて実感させられるようになりました。
副業は飲み会を断る理由としてもしっくりときますが、会社によってはそれを禁止している所もありますので、誰にも口出しはせずに秘密裏に取り組むことが必要不可欠です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*