「切手」を上手にお金にするコツ・無駄なく使うコツ

メール全盛時代となり、切手はあまり使われなくなってしまいました。断捨離や大掃除の際に、いざという時のために用意しておいた切手や、きれいだからなどといってつい買ってしまった記念切手がたくさん出てきて、どうしようかと悩んでいませんか。そのままにしたり、捨ててしまったりするのはもったいないですよ。

まずは切手を一箇所に集め「シートになっている切手」や「売ると高そうな記念切手(バラも可)」「価値がわからないが、すごく古そうな切手・変わった切手(バラも可)」を別にしておきましょう。これらは金券ショップや切手専門店で相談し、換金するグループとします。

最近は「バラバラの切手」でも気持ち良く買い取ってくれるお店もありますので、バラの切手が多い場合は、そのようなお店を利用すると良いでしょう。切手は売ればお金になる財産なのですから。
なお、いくらくらいになるか前もってネットで調べておくと見当がつきますので、「これなら買取店に行くのに交通費を使ってもいい」とか、費用をかけないよう「買取店には郵送しよう」などの判断ができます。
換金しにくいものは「切手の額面通りにしっかり使う」グループとします。金額別・絵柄の季節別にざっと整理し、チャック式のビニール小袋に分けて入れておくと使いやすいですよ。そうしてから、財布やポーチがあまっていたら「切手財布」「切手ポーチ」を用意し保管してみましょう。これなら切手がどこかに入り込んでしまうことはありませんね。

さて切手使用の第一候補は、郵便局での「ゆうパック」です。結構金額がはる送料となるので、切手をたくさん貼れるような荷造りをして、所定の料金になるよう切手をペタペタ貼っていきます。そのために、包装紙のタイプは切手を貼りやすいものにし、また荷物の表面には切手が貼りにくい「ツルツルした紙のガムテープ」は使わないようにするのがコツです。なおあれば、その季節にあったきれいな切手を貼ると気配りが感じられていいでしょう。これなら、貼られた切手の枚数が多くてもおかしくはありません。大切な方あての荷物にもいいですね。そのためにも、手持ちの切手はあらかじめざっと分けておくと便利なのです。

もちろん懸賞の応募や公共機関への郵送物には、あわてて切手を買ったりせずに、手持ちの切手をしっかり使いましょう。そんな時用には、郵送用の切手数枚を財布にいつも入れておくと良いでしょう。
また、額面が半端で使いにくい切手がたくさんあり、しかも郵送物もたくさんある場合は、1円切手、2円切手など不足する額面の切手を買い足しておくのも一案です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*