プロゲーマーの収入源はどこから?稼ぐ人は1億円の世界

ゲームが好きでたまらないほどの人なら、ゲームのプロになるのもいいかもしれません。ここではプロゲーマーについて知りましょう。

1.プロゲーマーに資格はいるのか
プロゲーマになるためには資格が必要な事はありません。つまりは誰でもプロゲーマーになる道はあります。

2.日々のトレーニングが必要になる
プロのゲーマーになるには、ゲームの腕を上げないといけません。大会などに出て勝とうとするのなら、かなりの練習こなす必要があります。
オーストラリアで有名なプロゲーマーであるデレク・トラングさんなどは週に60時間はゲームをして腕を磨いています。
ゲーム大会で優勝するつもりなら、それほどの練習量が必要になります。

3.強くなるためには
ゲームの練習をする事は当然ですが、例えばプロゲーマー育成の専門学校などに通う方法もあります。

4.プロゲーマーになるには
プロのゲーマーになるためには大会に出場していい結果を出す事が大事です。好成績を出す事でスポンサーが目を付けてくれます。
契約まで漕ぎつける事ができます。また、ゲーム大会は日本のみならず世界中で行われています。

5.プロゲーマーの稼ぎ方
プロゲーマーとして稼ぐためには海外の大会に出て好成績を出せば、賞金がもらえます。日本とは違いゲームに対して発展的な見方をする海外においては、賞金額も桁が違います。
アメリカで行われる「DOTA2」といわれる大会では賞金総額が10億円以上といわれています。また大会で獲得できる賞金以外でもスポンサーと契約して給料をもらう人もいます。
スポンサーがプロゲーマーと契約する利点は、プロゲーマーが使用しているという商品の宣伝効果を期待できるからです。大会での優勝賞金とスポンサーとの契約料で多い人では、年収1億円を超える人もいます。

6.プロゲーマーの未来は?
ゲーム自体は人気が衰える事を知りません。これから先もクオリティーは上がっていくでしょう。とはいえ、格闘ゲームなどは若い人でないと好成績を出す事が難しくなるかもしれません。
理由は反射神経が要求される分野だからです。プロゲーマーは10代後半から20代後半くらいまでの人でほとんどを占めています。
これから先も若手の選手はどんどん出てくるので、40代や50代になっても現役の第一線でやり続ける事は厳しいでしょう。

・まとめ
ゲームが好きでずっとやっていられる人なら挑戦してみてもいいかもしれません。トッププレイヤーになれば億のお金も入ってくるかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*