山岳ガイドはどんな仕事?どこで仕事を見つけるの?

自然を相手にする仕事はいろいろありますが、山が好きなら山岳ガイドとして生きる道もあります。では、山岳ガイドとはどのような仕事をするのでしょうか。

1.山岳ガイドはどんな仕事
山登りは他のスポーツ以上に危険性が高い面があります。それも命を引き換えにするような事があります。山岳ガイドの仕事とは登山者と同行して登山客を安全に登頂させて、無事に下山させる事です。
そのためには、山に対しての知識や登山技術など山登りに対しての深い知識と経験が必要になります。

2.山岳ガイドの働き方
山岳ガイドはどのような形で働いているのでしょうか。それは企業に所属するかフリーランスという立場を取るかに分かれます。

・企業に属して働くケース
企業に属している働いている山岳ガイドは例えば、旅行会社に登録して山岳ガイドとして働いたりします。

・フリーランスとして働くケース
フリーランスの場合は自分で山の訓練をしている人が多いです。山専門の旅行会社などに個人契約という形で働いています。

・お金をもらう
企業に属して働いている山岳ガイドは収入も安定的です。フリーランスで働いている山岳ガイドの場合は人気次第になります。人気がある人は稼げます。

・山岳ガイドに資格がいるのか
山岳ガイドとして働くために資格が必要になります。中でもザイルを使用する機会があるような難易度の高い山で仕事する時には、公益社団法人日本山岳ガイド協会などの検定試験に合格しないといけません。山岳ガイドステージⅡは最低でも必要になります。

3.接客的なサービス精神も必要
山岳ガイドになるにはやはり自然について知っていないといけません。登山客と一緒に登る時には、「この花はなんていうんでしょうか」と質問される事もあります。それらに親切に応える事も仕事です。

4.登山ガイドと何が違う
山岳ガイドと似ている職業に登山ガイドがあります。登山ガイドとはザイルなどを必要としない比較的に優しい山を案内する人達です。山岳ガイドは時にザイルなどが必要な山も案内します。

5.優秀な山岳ガイドはプライベートでも山へ
山の事が本当に好きな山岳ガイドは休みの日でも自分で登っています。難しいルートを登ったりして自分の経験値と技術を磨いているのです。やはり陰ではトレーニングを人一倍しています。

・まとめ
山が好きで少し変わった仕事をしてみた人は山岳ガイドという道もあります。山に対しての知識と技術を磨いて資格も取らないといけませんが、好きを仕事にできる意味ではやりがいがあるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*